LOTAS CLUB




KATSUHIKO AKIYAMA

KATSUHIKO AKIYAMA

秋山克彦

2006年入社組織運営事業部兼広報部
社員の声 > 秋山克彦

あなたの仕事内容について教えて下さい

加盟店の募集や店頭へのロゴマーク掲示等を中心に、全国の加盟店の社長が集まる会議の運営なども行っています。会議は20名程の会議から1,000人を超えるものまであり、大きなホテルのホールが満席なるような会議もあります。大きな会議ではホテルや旅行会社と協力し、会場の手配等準備を半年以上前から行う事もあります。
また、広報部として一般の方々に広くロータスクラブを知ってもらうための業務も行っています。

なぜ株式会社ロータスへ入社しようと思いましたか

車が好きなので、車に関係する仕事に以前から携わっていました。自動車業界内では知名度もあり、業界のリーダー的な存在であるロータスで自動車業界を引っ張る仕事をしてみたいと思いました。
また、全国の整備工場の社長が集まる団体なので、いろいろな経営者の方の話を聞けるという事もロータスに入社した大きな理由です。やはり経営者の方の話には重みがあり、直接話を伺うことで自分の中にも多くの気づきがあります。
秋山克彦

仕事のやりがいを教えて下さい

「従来の方法などにとらわれず、常に新しいことにチャレンジする」これが私の目標です。
仕事の内容として、数値目標を立てにくいこともあるのでこれを目標に日々業務にあたっています。
新しいことを始めるには、従来行っていたことの理由を知り意味を理解した上でチャレンジする必要があり業務を深く理解するチャンスでもあります。
違う角度から物事を見て新しい発想をすることは仕事のやりがいにも繋がっています。

これまでの仕事で一番印象に残っていることはなんですか?

最近ですが、新東名高速の清水パーキングエリアをロータスのPRでいっぱいにする企画を行いました。
NEXCO中日本管轄のパーキングエリアでも初めての企画とのことで、立ち上げから詳細な仕掛けまで部署内と先方担当部署との連携し成功を収めることができました。
新しい試みにチャレンジするのはやはり楽しいです。
秋山克彦

ロータスの魅力を教えて下さい

入社してすぐに、ロードサービスの研修会の立ち上げを加盟店の方々と一緒に取り組みました。
当時、ロードサービスの研修会は業界でもあまり行われてない研修でしたが、開催後受講者からのいろいろな意見を参考に内容を更新しながら続けました。
その後この研修会が、国土交通省で車両搬送を行う際に必要な講習会の基礎となり現在も続いています。
表に名前は出ませんが大きな仕事を行える会社だと思います。

学生にひとこと

職場は、多くの時間を過ごす場所になります。その雰囲気や環境など画面上からでは感じ取れないものが多くあります。人生の中で重要な選択を行う事になるので、規模の大小や業種等いろいろな企業を実際に訪問することは大切です。是非、当社にも来て職場の空気を感じてください。他社とは違った何かが見つかると思います。
1日のスケジュール

休日の過ごし方

車の運転が好きなのでドライブに行きます。特に山道が好きなので、最近ではダム巡りをしています。観光地から少し外れたダムは周囲の道もすいていて気持ちよく走れるし、記念に「ダムカード」をもらえるので集め始めました。
最近ではクロスバイクを購入し、車で走っているとわからない景色も楽しんでいます。
休日の過ごし方
ENTRY
エントリー
CLICK HERE